29歳キャリアウーマン 仕事と子育てブログ。

東京の某外資系企業の営業職として働くアラサー女子です。現在29歳、妊娠中です。妊娠中の生活や仕事との両立についてご紹介していきます。

妊娠初期(~15週)

妊娠5週2日目、第1回妊婦健診。

更新日:

 

2017年11月17日 妊娠5週2日目、第1回妊婦健診に行きました。

 

11月11日に妊娠検査薬で妊娠が確認できていたので、すぐに産婦人科に行きたかったのですが、妊娠が確認できたのがハワイだったので(ハワイで挙式をしていました)、帰国後の11月17日のタイミングで初めての検診に行きました。

 

 

 

家の近くの産婦人科へ。

 

私が妊婦健診をお願いする先として選んだのは家の近くの産婦人科です。

 

産婦人科を選ぶ時には何を重視して選ぶべきなのか悩んだのですが、まずは通いやすさ重視で家から歩いていける距離の産婦人科に行くことにしました。

 

私は今東京に住んでいますが、実家は関西にあるため出産は里帰り出産で関西の病院を考えています。東京で検診をお願いする産婦人科を選ぶ際には、分娩設備や分娩方法については考慮しなくて良かったので、家からの距離を再重要視して選びました。

 

またホームページで産婦人科の口コミなども確認し、先生の評価が良いところだったのでその産婦人科に決めました。家からは歩いて12〜13分の距離です。

 

この産婦人科は、以前に妊娠を考えた際に麻疹(はしか)の予防接種を受けておこうと思い利用した医院だったので場所や医院の雰囲気は分かっていました。(風疹の抗体は持っていたので、はしかだけ念のため受けておきました)

 

 

 

胎嚢確認。

産婦人科に行って受診の項目を聞かれた時に、初めて「妊婦健診です」と言ったのですが、初めての妊娠ということもあり嬉しいような恥ずかしいような気持ちになりました。

 

初診では、先生に妊娠検査薬で陽性が出たことを伝え、超音波で子宮の中を見てもらいました。

 

子宮の中は、私もモニターで一緒に確認させてもらうことができたのですが、子宮の中に小さな黒い丸が見えました。

 

この時にはまだ胎嚢しか確認できず、中に赤ちゃんがいるかどうかまでは見えませんでした。でも、胎嚢ができていることが確認できたので、先生には「妊娠していますね」と言われました。

 

ただし中の赤ちゃんはまだ見えないので、また1週間後に見ましょうということになりました。

 

私の胎嚢は子宮の一番奥の方にできていたようで、「一番いい場所だね」と先生に言われたのを覚えています。この時は、まだ初めての検診だったので、妊娠しているという実感がじわじわと湧いてきて嬉しくなってきていました。

 

先生からは「特に自転車に乗るのは避けましょう」ということを言われました。自転車はサドルの位置から、直接子宮に振動が伝わってしまうので良くないようです。

 

検診の際に、妊娠4週4日の夜に少しだけ出血があったことも伝えました。先生からは出血は危険信号の可能性もあるから、あまり無理をしないで安静にするようにと注意を受けました。

 

次回は1週間後ということで、また検診に行くことになりました。

 

 

【追記】子供のためのお金が必要だけど、お金が無い…

 

そんなあなたにちょっとしたお小遣い稼ぎをご紹介します。

 

今話題の仮想通貨関連のお得なキャンペーンの情報を入手しました。メールアドレスを登録するだけで全員に「現金1万円」がもらえるというものです。(メアド登録するだけなので、こんなお得なキャンペーンは今までにないと思います)

 

1万円あればちょっとはベビーグッズの足しになりますよね。早速私も登録して1万円ゲットしました。

 

最初は「怪しい…」と思ったのですが、下記の記事を読んだらどうしてメアド登録だけで1万円がもらえるのかがわかり、安心して登録することが出来ました。是非読んでみてくださいね。

 

▼以下の画像をクリック▼

 

是非是非、活用してみてください。

 



-妊娠初期(~15週)

Copyright© 29歳キャリアウーマン 仕事と子育てブログ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.