29歳キャリアウーマン 仕事と子育てブログ。

東京の某外資系企業の営業職として働くアラサー女子です。現在29歳、妊娠中です。妊娠中の生活や仕事との両立についてご紹介していきます。

妊娠後期(28週~)

出産後に旦那さんへの愛情が冷めてしまった?そう感じた時に読む。

投稿日:

 

出産を迎える女性の身体は大きく変化し、出産後にはホルモンバランスも含めてとても変化が大きくなり、育児に追われて気持ち的にも安定しない期間が続くそう。

 

私は今妊娠9ヶ月を迎えていますが、産後に「旦那さん、夫への愛情は冷めてしまう」という意見をよく耳にし、それは嫌だなと感じています。

 

 

でも、出産前の今は「大丈夫だろう」と思っていても、いざ出産を終えてホルモンバランスが乱れてしまったら、旦那さんの愛情を持ち続けることができるのか?というのは不安に思っています。

 

ここでは、私が出産前のいま感じている旦那さんへの愛情を記録しておきたいと思います。

もし、産後に旦那さんへの気持ちが冷めてしまうようなことがあれば、この投稿を見て思い出したいと思います。

 

とりとめもなく書きなぐっているので、まとまりがない文章になっています。

 

 

 

 

旦那さんへの愛情。

 

私は妊娠9ヶ月のいま、出産を控えて旦那さんへの愛情は日々高まっているのを感じます。

 

これが出産を機に薄れてしまうというのは考えたくないのですが、可能性があるのであればいま感じていることをここに記しておきたいと思います。

 

出産後に旦那さんへの気持ちが冷めてしまったと感じたのであれば、ホルモンバランスの影響などもあるかと思いますが、夫婦で幸せに過ごして行きたいので、子供にばかり集中してしまうのではなく、旦那さんとは仲良くしたいです。

 

 

 

 

持ち続けたい想い。

育児の中で旦那さんへイライラした時には、下記を読んで旦那さんへの気持ちを思い出したいと思います。

 

私は、旦那さんのことが大好きで、旦那さんは私のために色々と優しくしてくれています。

 

旦那さんと出会えて、結婚できて本当に良かったと思っています。今の旦那さん以上に私に合う人はいません。

 

上手くいかないことがあっても、自分の想いだけを押し付けないことが大切だと思っています。

 

 

旦那さんには、

・いつも笑っていて欲しい

・いつも美味しいものを食べて欲しい

・悲しむ顔を見たくない(私が原因で悲しませることはしてはダメ)

・ずっと一緒にいたい

 

 

 

 

妊娠中のいま感じている気持ち。

 

・旦那さんの帰りを待っている時に、帰ってきてくれて嬉しい気持ち

外出先から帰ってきて、玄関の前の階段を登る音が聞こえると嬉しくなります。

 

 

・旦那さんをひとり残して里帰りすること、その時に感じた寂しい気持ち

里帰りの日から1週間ほど前からは、ひとりになるのが寂しいという気持ちと、旦那さんを今の家にひとりで残してしまう寂しい思いをさせてしまうという気持ちがあり、しばらく泣いてしまいました。(この投稿を書いている時にも泣いてしまいました)

 

 

・出産前に美味しいものを食べたいという私のために、いろいろなところへ連れて行ってくれた感謝の気持ち

出産後はあまり外食に行けなくなるから、と毎週のように私が食べたいものを食べに連れて行ってくれました。

 

 

ここに書いたことを忘れずに、もし育児の中で旦那さんにイライラしてしまった時には、旦那さんの優しい笑顔や暖かい手を思い出したいと思います。

 

 

 

旦那さんの好きなところ。

・いつも笑顔で優しい

特に妊娠してからは、飲みに行ってもちゃんと早くに帰ってきてくれる

そもそも飲み会の頻度を少なくしてくれている

 

 

・くよくよ悩まずにいつも笑顔

つらいことがあるのかもしれないけど、私にはあまりそのつらさを見せずに、いつも笑顔

 

 

・私が悩んだ時にはちゃんとアドバイスをくれる

私の話をちゃんと聞いてくれ、冷静にアドバイスをくれる

 

 

・実は寂しがり屋

ひとりでいるのが好きそうに見えるけど、実は寂しがりや

 

 

・ひとつのことに集中すると周りが見えなくなる

何かひとつのことを考え始めると、他のことが見えなくなる

 

 

一緒に暮らしていけることを当たり前だと思わず、毎日一緒に過ごせることに感謝することを心がけます。

-妊娠後期(28週~)

Copyright© 29歳キャリアウーマン 仕事と子育てブログ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.